青汁の効果・効能

青汁は健康食品のひとつであり、多くの効果や効能が期待できます。ただ、使われている野菜が、ケール、大麦若葉、明日葉、熊笹などと分かれているため、栄養成分は異なります。また、味も飲みやすいものと飲みにくいものがあります。

まず、いずれの青汁にも含まれているのは「食物繊維」です。これは便秘の解消になります。青汁を飲むことでお通じがよくなります。便秘が解消されて、腸内がスッキリすれば美肌効果などにもつながるでしょう。同様に、美肌効果がある成分といえば「ビタミン」で、緑黄色野菜には、ビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2、βカロチンといった皮膚や粘膜を丈夫にする成分が含まれています。 ほかにも、抗酸化作用のある「ポリフェノール」や、血中のコレステロールを抑える作用のある「クロロフィル」などが含まれた青汁もあります。青汁が飲まれる理由は、これらの成分がキャベツやブロッコリーなどのほかの野菜を食べるより、ずっと多い分量が含まれているからです。

ただ、栄養価については申し分ない青汁ですが、唯一の弱点と呼べるものは、味がおいしいとは言えないことでしょう。その唯一の弱点を解消するために、販売業者は、抹茶やハチミツを入れておいしくしたり、粒タイプのものやゼリータイプのものにして、食べやすいようにしたりして工夫しています。

また、女性向けでコラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分を含んだゼリータイプがあり、以前より選択肢はぐっと広がっています。

当サイトでは青汁の原料や味について詳しく解説します。ぜひ参考に青汁を選んでみてはいかがでしょうか。